すぐにメインコンテンツを読む

屋根材基本性能軽い屋根のメリット

屋根材 基本性能

「軽い屋根」は住まいに、暮らしに、いいこといっぱいです。

地震時の揺れを軽減します

屋根が重いと建物の総重量が重く、重心も高くなるため地震の際に建物の揺れが大きくなります。軽量設計のケイミュー屋根材なら、万一の地震時も建物の揺れが抑えられます。

屋根が軽いと柱や壁といった強度アップに必要な耐力壁が少なくて済むため、法的に定められた認定基準「耐震等級2以上」を満たしながら、将来的な間取り変更にも柔軟に対応できます。

工場から物流倉庫を経て建築現場へと屋根材を運ぶ際にも、屋根材が軽いほどトラックなどが消費する燃料が少なくて済み、結果的に排出するCO2量も抑えることができます。