「光触媒+無機塗装」だから、キレイが長続きします。 レジェールは、汚れをセルフクリーニングし、色あせもしにくい「光セラ」だから、新築時の美しさを長期間キープします。さらに、光触媒と銅の相乗効果で防藻性能を高めました。「光セラ」はケイミュー株式会社の登録商標です。

太陽のチカラで、外壁の汚れを分解する。 太陽のチカラで、外壁の汚れを分解する。

【 汚れ分解力 】

〈日中に〉付着した汚れを光で分解し、付着力を
弱めます。

汚れ分解力 図

外壁の黒ずみの原因となる
黒カビの繁殖を抑えます。

各試験体の上に培養液を塗布(社内実験結果)

分解した汚れを、雨のチカラで洗い流す 分解した汚れを、雨のチカラで洗い流す

【 超親水性 】

〈雨の日に〉水に非常になじみやすく、
雨水が汚れを浮かして洗い流します。

超親水性 図

建物だけでなく、空気も綺麗に 建物だけでなく、空気も綺麗に

【 大気浄化 】

光触媒の分解力でNOx(窒素酸化物)などの
有害汚染物質を無害化します。

大気浄化 図

紫外線を吸収し、長期間色あせを防ぐ。 紫外線を吸収し、長期間色あせを防ぐ。

【 高耐候性 】

セラミックコートが紫外線をしっかりガード。
劣化しにくい無機塗装だから、
長期間にわたって効果が持続します。

高耐候性 図

資料をPDFで見る »

  • ●このライフサイクルコストは、弊社が提案するメンテナンススケジュールより算出しています。詳しくは外壁材総合カタログをご覧ください。 ●工事費用は積算資料ポケット版リフォーム編2017(一般財団法人 経済調査会出版)の単価およびモデル住宅(外壁面積149㎡の2階建て)を基準に算出した試算金額(税抜)です。 ●材料費用は弊社カタログ価格より算出[光セラはネオロック・光セラ16、親水16/15はネオロック・親水16、親水14はセラディール・親水14、もしくはエクセレージ親水14(4,400円/枚と4,000円/枚の価格帯商品での張り分け)で算出。]
  • ご注意●このライフサイクルコストは外壁材のシリーズ毎にどのようなメンテナンスが必要なのかをモデルケースで比較したものです。あくまでお客様がメンテナンス計画を立てる目安としてご活用ください。 ●実際のメンテナンス費用については住宅会社様又は工務店様にご相談ください。 ●メンテナンス費用、時期及び内容を保証するものではありません。 ●塗り替えについては、一般的なアクリルシリコン塗料を使用した場合を想定しています。塗り替え後のメンテナンス時期は、使用した塗料により異なりますので、専門業者様などにご相談ください。

さらにパワーアップした
「光セラ+防藻 ぼうそう

従来の光セラに
防藻性能の高い「銅」を配合

  • Point.1光触媒(酸化チタン)と銅の相乗効果で防藻性能が約2.5倍にパワーアップ。

    従来の光セラ
    レジェールの光セラ(+抗藻)
    従来の光セラとレジェールの光セラ(+防藻)の防藻性能の比較(社内試験結果※1)
    銅(Cu)の作用とは?
    藻とは?
  • Point.2レジェールの光セラ(+防藻)
    防藻効果のある「銅」が
    長く留まりその効果が持続。

    ※1.社内試験(藻死滅率測定について)

    紫外線を照射して、藻の生存と死滅を確認します。その手段として、メチレンブルー溶液に染色されない
    藻(緑色)は生きている状態、染色される藻(青色)は死んでいる状態として測定しています。

    紫外線照射前
    紫外線照射後
    • ※社内試験に基づく比較試験 試験藻類: クロレラ(国立環境研究所NIES-227)を使用。 藻死滅率: 試験後に死滅した藻の個数/照射前の生存している藻の個数で算出。
      試験条件: 藻散布濃度:107cells/ml、紫外線照射照度:0.5mW/cm²、照射時間:2時間
    • ※2.劣化促進試験:UV照射+水シャワーリング+結露を繰り返す試験により劣化を促進。UV照射量(紫外線300~400nm)は、日本の平均年間紫外線総量306MJ/㎡の10倍を照射しています。日本の平均年間紫外線総量は、JIS D0205に記載の太陽光の1年間の平均放射露光量 4500MJ/㎡×6.8%(紫外線量割合)=306MJ/m²に基づく。
    • ※本ページは、社内試験に基づく結果であり、実際の建物でカビ・苔・藻が繁殖しないことを保証するものではありません。
      また、永久的なものではありません。当製品の防藻性能を上回る増殖のある環境、場所などでは、藻が繁殖する場合があります。