すぐにメインコンテンツを読む

屋根材 商品情報通気下地屋根構法

通気下地屋根構法

通気下地屋根構法

資源面・環境面への配慮から国策として住宅の長寿命化が推進されていますが、
その中で木造住宅における外皮の耐久性向上が大きな課題となっています。
国土交通省国土技術政策総合研究所(以下国総研)は平成29年(2017年)6月に
「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」と題した研究報告を発表。
いま国を挙げてその実現に取り組んでいます。
そのような背景を受け、ケイミューから国総研の研究内容に適合した通気下地屋根構法をご提案。
また、同時に災害等による屋根材本体破損時でも速やかに雨水を排出できる通気層により
補修までの雨もれを抑制できるといったメリットも有しています。
長く安心して暮らせる住まいづくり、資源ロスのないエコロジーな未来づくりに貢献していきます。

  • 通気層を設けることにより、屋根材裏面に入った雨水は軒先から、湿気は換気棟から速やかに排出します。
  • 屋根材留付けビスは下葺材を貫通させません(横桟に留付けます)。
  • 屋根材葺き替え・さし替え時の下葺材のはがれがなく防水性の低下を防ぎます。
  • 屋根下地腐朽による下地からの飛散や、釘抜けによる屋根材の飛散リスクが低減できます。
国総研の指針

施工方法と屋根性能の両面から住宅をより高耐久に。

◎メンテナンスの期間を長く

従来の標準的な工法では約30年で下葺材や下地材が傷み、交換などの補修が必要になりますが、通気下地屋根構法では外皮 内部で空気を自然循環させて木材の劣化を抑制。メンテナンスのスパンを長くする効果を高め、下地の耐久性80年を目指します。

■メンテナンススケジュール(モデルケース)

住まいのロングライフ化に向けてお客様がメンテナンス計画を立てる際に目安とするためのご提案です。住宅の地域、環境や使用条件によって劣化の進行状況が異なりますので、あくまで目安としてご活用ください。メンテナンス時期および内容を保証するものではありません。

(基本は、10年毎の定期点検を行うこと。定期点検においては、大規模な補修等は想定していません)

  • ※1 30年目以降の本体の葺き替えについては、これまでのメンテナンス実施状況および躯体状況など住宅全体の劣化具合を専門業者様等に確認頂いた上で、総合的に判断してください。
  • ※2 下葺材・下地材の仕様については設計基準をご参照ください。
  • ※3 定期点検において、屋根材本体に部分的なズレや割れ、役物・役物釘のズレや浮き等が見られた場合は、部分的な交換、増し打ちなどを行ってください。

メンテナンス金額については建物の形状や仕様、劣化状況などによって異なります。専門の工事業者様にご相談ください。

◎温度変化を抑えて心地よく

野地と屋根材の間にできる空間と屋根裏、その両方の熱気や湿気を換気棟で排出することで屋根裏の環境を快適に。屋根裏からの 熱の伝達を抑えて居住空間の心地よさを高めるだけでなく、夏場の熱上昇や冬場の結露を抑えて住宅内部の傷みも抑えます。

施工手順

01

野地板キャップ・軒先水切(小)を留付け

02

下葺材の後、縦桟を固定

03

横桟、軒先水切(大)など留付け

04

スターター、本体をビスで留付けて完成

対応商品

グランネクスト

Uroko
  • 厚さ6.0mm
  • サンドグラデーション仕上げ
Simple
  • 厚さ5.2mm
  • グラッサコート仕上げ
GOOD DESIGN AWARD 2019 BEST 100
Hishi
  • 厚さ6.0mm
  • グラッサコート仕上げ

カラーベスト

セイバリーグランデグラッサ
  • 厚さ5.2mm
  • サンドグラデーション仕上げ
セイバリーグラッサ
  • 厚さ5.2mm
  • グラッサコート仕上げ
コロニアル遮熱グラッサ
  • 厚さ5.2mm
  • グラッサコート仕上げ〈遮熱〉
コロニアルグラッサ
  • 厚さ5.2mm
  • グラッサコート仕上げ

ページの先頭へ