すぐにメインコンテンツを読む
住まいの外まわりリフォーム

リフォーム時期を迎えた住宅は半数以上が耐震化されていません。

住宅の耐震化は緊急の課題。政府は、平成32年までに住宅の耐震化率を95%にする目標を定めて耐震化を促進しています。平成20年時点では、住宅の耐震化率は約79%ですが、実は昭和56(1981)年以前に建てられた住宅の半数以上(約1,050万戸)は耐震化されていません。それらは、まさにいまリフォーム時期を迎えている住宅です。

住宅の耐震化の進捗状況

「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」に基づき、国の基本方針において、住宅や多数の者が利用する建築物の耐震化率を平成15年の75%から27年までに少なくとも9割とする目標を定めるとともに、「国土強靱化アクションプラン2015」等においては、住宅や多数の者が利用する建築物の耐震化率を平成32年までに95%とする目標を設定。

国土交通省 住宅・建築物の耐震化について
「減震・耐震で安心」のリフォーム