すぐにメインコンテンツを読む
住まいの外まわりリフォーム

鉄骨造ALC壁 重ね張り工法重ね張り

既存外壁(鉄骨造ALC壁)に推奨アンカーを使用して鋼材胴縁を施工し、ケイミュー外壁材を
重ね張りする工法です。住みながらの施工が可能なリフォームです。

今のお住まい(建物構造) 外壁リフォームでできること
木造 鉄骨造(ALC壁) RC造 キレイが長持ち 断熱で省エネ 耐震で安心
 

 
 

 
 

 
 

 

 
 

 
  • ※ 仕上げるケイミュー外壁材の種類によって「キレイが長持ち」の程度が異なります。

外壁仕上材はお好みのケイミュー外壁材をお選びいただけます。

図は窯業系サイディング仕上げです。

■施工仕様

建物
構造
メニュー / 適用商品 適用可否 胴縁仕様(現地調達) 推奨胴縁固定部材※2
横張り 縦張り 釘留め 金具留め 通気
金具留め
種類 サイズ(単位:o) 商品名 メーカー
鉄骨造
ALC壁
改修 ケイミュー窯業系サイディング × × × 鋼材※1 一般部 □-50×26以上・
厚さ1.6〜2.3
@ターボアンカー+
 タップスター
日本パワー
ファスニング(株)
縦目地・
出隅部
□-50×26以上・
ダブル 厚さ1.6〜2.3
AITハンガー+
 ALCドライブ
サンコーテクノ(株)
金属サイディング「はる・一番」 ×
鋼材※1 一般部 □-50×26以上・
厚さ1.6〜2.3
@ターボアンカー+
 タップスター
日本パワー
ファスニング(株)
縦目地・
出隅部
□-50×26以上・
ダブル 厚さ1.6〜2.3
AITハンガー+
 ALCドライブ
サンコーテクノ(株)
  • 適用施工高さ
    1. (1) 窯業系サイディング:16m以下です。ただし、「施工高さ31m対応」基準を満たせば、施工高さ31mまで対応可能です。(詳しくは「施設 店舗向け事例/技術資料集」をご参照ください。)
    2. (2) 金属サイディング:13m以下です。ただし、耐風補強工法の施工により、施工高さ20mまで対応可能です。(詳しくは「金属建材総合カタログ」をご参照ください。)
  • 上記2工法は新築にも適用いただけます。ただし法規制に対する適用可否やALC下地への適用可否に関しては、建築主事や下地メーカーの判断に従ってください。
  • ※1 防錆塗装したものをご使用ください。 ※2 @Aのうちいずれかの仕様とする。

鉄骨造ALC壁 重ね張り工法の施工手順(埋込式アンカーの場合)

既存外壁の上に…。

ALCに先孔をあけ、ターボアンカーを施工します。

鋼材胴縁を取付け、タップスターで固定します。

専用留め金具を使用してケイミュー外壁材を施工していきます。

  • ※ 「はる・一番」は金具留め施工はできません。鋼材胴縁にビス留め施工してください。

鉄骨造ALC壁 重ね張り工法の推奨アンカー

埋込式 (@をALCに埋込み後、Aで胴縁を固定)
品 名 @ターボアンカー Aタップスター※1
メーカー 日本パワーファスニング(株)  TEL.072-726-1501
サイズ M10※2
形 状
  • ※1 六角ボルトの使用も可。
  • ※2 出隅部等でALCの木口に留付ける場合は、M6を使用。
貫通式 (@Aを併用して胴縁を固定)
品 名 @ITハンガー(貫通式) AALCドライブ(ネジ式) Bエーエルシーアンカー※3
メーカー サンコーテクノ(株)  TEL.072-960-7735
サイズ M10 M8 M10
形 状
  • ※3 内装材等と干渉してITハンガーが使用できない場合のみ、ITハンガーのかわりに使用。
ページの先頭へ