カラーベスト60周年の歴史と未来

頻発する地震・台風などから住まいや暮らしを守るために。
日本の環境に求められる性能を考慮して、今日まで進化し続けてきた屋根材・カラーベスト。
その発売から60周年という節目に「軽く強く」「長く美しく」「省施工」「廃材削減」の考えを軸とした
「ROOFイノベーション」をケイミューでは推進。
新しい技術を用い、これまでにない性能を持つ屋根材の開発を積極的に展開していきます。
今後のさらなるケイミューの成長に、どうぞご期待ください。

3つのコンセプトCONCEPT

無駄を減らす屋根材へ省施工廃材削減
プレカットシステム

プレカットシステム

2020年5月開始

図面に合わせて屋根材を切断する
プレカットシステムを
一部の住宅会社様から取り組み開始しました。
施工現場での省力化や工期の短縮、
廃材削減といったニーズにお応えします。
今後、全国での展開を目指します。

プレカットシステム

2020年5月開始

図面に合わせて屋根材を切断するプレカットシステムを一部の住宅会社様から取り組み開始しました。施工現場での省力化や工期の短縮、廃材削減といったニーズにお応えします。
今後、全国での展開を目指します。

60周年記念動画 | SPECIAL CONTENTS

  • 建築家 | 永山 祐子 | Yuko Nagayama

    建築家 永山 祐子 Yuko Nagayama

    永山祐子建築設計代表。
    東京建築賞優秀賞(2018)など多数受賞。

    1975年東京生まれ。1998年昭和女子大学生活美学科卒業。 1998−2002年青木淳建築計画事務所勤務。2002年永山祐子建築設計設立。主な仕事、「LOUIS VUITTON 京都大丸店」、「丘のある家」、「ANTEPRIMA」、「カヤバ珈琲」、「SISII」、「木屋旅館」、「豊島横尾館(美術館)」、「渋谷西武AB館5F」、「女神の森セントラルガーデン(小淵沢のホール・複合施設)」など。ロレアル賞奨励賞、JCDデザイン賞奨励賞(2005)、AR Awards(UK)優秀賞(2006)「丘のある家」、ARCHITECTURAL RECORD Award, Design Vanguard(2012)、JIA新人賞(2014)「豊島横尾館」、山梨県建築文化賞、JCD Design Award銀賞(2017)、東京建築賞優秀賞(2018)「女神の森セントラルガーデン」など。
    現在、ドバイ国際博覧会日本館(2020)、新宿歌舞伎町の高層ビル(2022)などの計画が進行中。
    http://www.yukonagayama.co.jp/

    屋根材について詳しくはこちら

  • 建築家 | 平田 晃久 | Akihisa Hirata

    建築家 平田 晃久 Akihisa Hirata

    平田晃久建築設計事務所代表。村野藤吾賞(2018)、BCS賞(2018)など多数受賞。

    1971年大阪府生まれ。1997年京都大学大学院工学研究科修了。1997-2005年伊東豊雄建築設計事務所勤務。2005年平田晃久建築設計事務所を設立。現在、京都大学教授。主な作品に「桝屋本店」、「sarugaku」、「Bloomberg Pavilion」、「kotoriku」、「太田市美術館・図書館」、「Tree-ness House」、「Overlap House」、「9hours Project」等。第19回JIA新人賞(2008)、第13回ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞(2012、伊東豊雄・畠山直哉・他2名との共働受賞)、LANXESS Color Concrete Award(2015)、村野藤吾賞(2018)、BCS賞(2018)など。著書に『Discovering New』(TOTO出版)、『JA108 Akihisa HIRATA 平田晃久2017→2003』(新建築社)など。現在、台湾新竹図書館(2022)、八代市民俗伝統芸能伝承館(2021)などのプロジェクトが進行中。
    https://www.hao.nu/

    シャッフルカラーについて詳しくはこちら

  • coming soon

カラーベスト60年の歩み | HISTORY

カラーベスト60年の歩み | HISTORY
 

施工事例PICK UP

  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例
  • 施工事例