企業ビジョン

「屋根材」「外壁材」「雨とい」などをトータルにご提案する
日本唯一の外装建材メーカーケイミューが
住まいと暮らしに新しい価値を創出し、社会に貢献します。

安全・安心
地震、台風などの自然災害から暮らしを守る外装建材と工法を開発。安全で安心して過ごせる家づくり、街づくりをご提案します。
高耐候・長寿命
ケイミューの外装建材は、優れた機能性と、建物寿命をのばす先進技術により、新築、リフォーム時の美しい外観が長く続きます。
環境配慮
ケイミューでは、環境に配慮した商品・リサイクルシステムを積極的に開発。また廃材削減・省力化・CO2排出量削減など建築業界が抱える課題解決や「飛鳥ケイミュー 橘の里」をはじめとする地域活性化に取り組んでおり、持続可能な社会の実現に貢献しています。

社長メッセージ

外装建材に新たな価値を創造し日本の住環境のさらなる発展に貢献 代表取締役 社長	木村 均

当社は、2003年12月にクボタと松下電工(現パナソニック)の外装建材事業を統合し屋根材・外壁材・雨といの外装材をトータルに扱う国内唯一の企業として設立いたしました。設立以来、「暮らしをまもる 住まいを魅せる」のスローガンのもと、軽い屋根材・外壁材による建物の耐震性向上や、無機塗装や光触媒技術による建物の美しさ向上と長寿命化など、独自技術を活かした製品やサービスの提供を通じて、日本の住環境の向上に貢献してきました。

今、社会はまさに大きな変化の時代を迎えています。頻発する地震に加えて、地球温暖化の影響による自然災害が増加し、被害も激甚化しています。さらには、新型コロナウイルスによる感染症は、誰も予想しなかった危機を世界中にもたらしました。一方で日本国内においては、高齢化社会の到来や人口減少による労働力不足の深刻化など、様々な問題が生じています。
 このような大きな社会変化に対応すべく、当社は「安全・安心」「美しさと長寿命」「職人不足」「環境問題」という4つの社会的課題にフォーカスし、それらの解決に向けた製品や技術の革新に取り組んでいます。さらには、国内の戸建住宅だけでなく、非住宅や海外といった新たなマーケットに果敢に挑戦し、社会貢献の領域を日本から世界へと広げて参ります。

これからも新しい価値を創出し社会貢献を果たす企業として、社員一丸となり取り組んで参ります。今後も当社のさらなる飛躍にご期待いただき、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ケイミュー株式会社
代表取締役社長 木村 均

企業情報